性格が悪い

何かを書いたような気になっているが何も書いていないブログ

金を払って自分の世間的価値の低さを思い知る

notesleftbehind.hatenadiary.com

 

夜中に書いたせいか、前の記事のタイトルがなんだか恋愛自己啓発ブログみたいになっていて気持ちが悪かった。

で話の続きだが、遅れてきた就職氷河期みたいな経験をもうしたくないのでマッチングアプリは2ヶ月ぐらいでやめた。ご存知の人も多いかと思うが、基本的にマッチングアプリは男ばかりがべらぼうに金を払う仕様になっている。

男女の給与差とかの社会問題は置いておいて、いろいろな意味でつらい。マッチングアプリをやるという選択肢を取るだけで、ある程度恋愛面における”負け組”であることを認めなければいけないうえに、いざ飛び込んでみると誰にも相手にされず、おまけに安いとはいえない金額を払い、もとを取るぞ!と必死になっても何ひとつうまくいかない。金を払って自分の世間的価値の低さを思い知るとか、ほぼマゾヒズムに近い。マッチングアプリの運営者は懐が潤い、ユーザーは涙で枕を濡らす。

世間を見渡すと、皆いとも簡単に相手を見つけていとも簡単につきあい、いとも簡単に結婚しているように見える。昨今は芸能人の不倫絶対殺すマンみたいな連中がネット上で跳梁跋扈しているが、不倫とか浮気とか多目的トイレとかいう前に自分は本命一人見つけられない。だんだん中原昌也の愚痴みたいになってきたな。

最近のインセル犯罪とか見ていても、「モテない」ことが人間を歪ませるのは間違いないのだが、このモテないということの厄介さは

モテない→人格が歪む→さらにモテなくなる→さらに人格が歪む

という負のスパイラルを生み出すことだ。

この理屈っぽい愚痴のような文章を書いている時点で、すでに末期だが、続きは気が向いたらまた書く。