性格が悪い

何かを書いたような気になっているが何も書いていないブログ

『ディック・ジョンソンの死』を観た

f:id:q050351:20201229120647j:plain

「ディック・ジョンソンの死」

シチズンフォー スノーデンの暴露」などで撮影を担当し、本作の前に監督した「Cameraperson」も高く評価されたキルステン・ジョンソンの最新作。

海外の映画サイト等で高く評価されており(IndieWireの「2020年のベスト映画50」では第10位)、「高齢の父親ディックの死を監督がシミュレーションする」という奇妙な設定にも惹かれて鑑賞した。

作中前半の死に方(もちろん作り事なわけだが)がけっこうヴァイオレントで、ホラー映画監督のフィクションを観ているような気分になる。しかもディックがわりとノリノリでやっているように見えるので笑ってしまう(暴力表現が苦手な人はマジで怖いと思うかもしれないが)。

でもすでに他界している妻(つまり監督の母)が認知症の末に亡くなったこと、そしてディックもまた認知症が始まっていることなどが明かされていくに連れ、映画はシリアスなトーンを帯びていく。この作品は「避けられない死を当人と周囲がどのように受け入れていくか」という映画なのだ。現在42歳で、63歳の母親を持つ自分(父は昨年他界)にとってもこれは切実なテーマで、終始複雑な思いにとらわれながら観た。

シアトルからニューヨークに越して監督と同居することになり、マイカーを手放さざるを得なくなったディックを見ているのはつらい。自身の祖父が最近免許を返納しガッカリしていた(家族としてはホッとするが)ことを思い出した。きっと車の運転が好きな人にとって、とてもつらいことなのだろう。自分は免許を持っているが運転センスがなくほぼペーパードライバーで良かった、と、いやそんなことは関係ないのだが。

ドキュメンタリーという体ではあるものの、この映画の少しツイストされた構造にはフィクション作品の魅力をも感じる。父に「なんでフィクションを撮らないんだ。もっと儲かるのに」と問われた監督はそのとき即座にその理由を返答するが、もしかすると制作中に少し気持ちが変わったのかもしれない。

それにしてもこんな企画にGOが出るというのがすごい。個人的に見えて実はとても普遍なテーマだとはいえ、日本だったら絶対に通らない企画だろう。

https://www.netflix.com/jp/title/80234465