性格が悪い

何かを書いたような気になっているが何も書いていないブログ

『アボカドの固さ』を観た

人がフラれてもがく話は好き。やっぱり最後にかわいいあの子とうまくいってハッピーエンド、みたいな話つまんないじゃないすか。主人公がひどい目に遭えば遭うほどウキウキしてくる。

この『アボカドの固さ』は予告編の時点でなんとなく気になっていた。主人公の前原瑞樹という俳優(を前原瑞樹という俳優が演じている)が5年付き合った恋人・しみちゃんと別れるんだけど、やっぱりよりが戻したくって見苦しくもがくという話。

この映画、前原瑞樹役の前原瑞樹(ややこしい書き方だな)の実体験がベースになっている。前原瑞樹といえば、やっぱり恋がうまくいかない主人公が出てくる『僕が好きな女の子』にも出ていたよね。

ただこういう映画ってけっこう紙一重だなあと思っていて、なぜかというと、その作品に関わってるやつの実体験をベースにした作品って、典型的な自主映画とかにありそうな話でしょ。だからひとりよがりになってもおかしくない。でも自分は観ちゃう。どうしてかっていうと主人公がフラれる話が好きだから。何度同じこと言ってるんだ。

とはいえこの映画には監督の城真也と脚本担当の山口慎太朗の視点というか切り口も入っているので、ただのひとりよがりなありがち映画にはなってないと思う、たぶん。だって退屈しなかったんだもの。

まずこの主人公の前原ね、すごくダメ。演じている前原瑞樹にダメ出ししてるようで申し訳なくなっちゃうけど、モテない自分から見てもダメだなと思う。特に、フラれたあと友人との飲みの席で、ある友人の女の子の話になったら「今日はフラれた俺のために集まってるんだから俺の話をするべきでしょ(みたいなことだったと思う)」と言っちゃうところね。

「こういうやつ、いるんだよなあ」って、具体的な実例を思い出せないけど思っちゃう。パンフに前原瑞樹とそのお姉さん(映画プロデューサー)、そしてお兄さん(教員で声楽家)の鼎談が載ってるんだけど、「自分が話題の中心にいないと不機嫌になる」っていう証言があるということは、あの居酒屋のくだりは本当にあったことっぽいわけで、とにかく見ててきつい。ただ弁護するなら、もっと姑息なやつはね、「俺のために」とも言わないで自然に自分に話題を戻そうとするんですよ。まあ俺のことなんですけどね。

ただね、前原は本当に最悪な男かっていうとそうでもなさそう。それは結末にも現れてるんだけど、ダメではあっても憎めなくて、なおかつそれなりに魅力もあるんだと思う。イケメンではないけど全然モテないということはないんだろうな。世の中ってそういうもんでしょう。この人いろいろダメだしすごく見苦しいことするけど、でも結婚とかできてるよなあ、とか。いろいろダメだしすごく見苦しいこともするしモテないし恋人もできないし結婚もできないしマッチングアプリもマッチングしない俺はどうしたらええねんと叫びたくなるけど、まあそれはまた別の話。

まあこの映画、そんなに劇的なことは起きません。強いて言うならパジャマ着たあの人とあの人が立ってるシーンはちょっとホラーっぽくて怖かったし、アボカドが転がるシーンもなんかそこだけ不気味だった(あれすごくうまくアボカドが転がってたんだけどCGか? そんな予算ないか)。でもこれといったすごい修羅場はなく、すとんと静かに終わる。

観てて連想するのは『愛がなんだ』。上述した前原瑞樹のお姉さんが『愛がなんだ』のプロデューサーだったりするのがちょっと面白い。でもこの映画の前原には『愛がなんだ』の主人公のテルコほどの狂気はなくて、ちゃっかりほかの女にも行こうとするあたりが調子いいというか、イラッとはするけども、やっぱりテルコほどはやばくない。今泉力哉風かと言われればそうでもないし、なんだか不思議なバランスでできた映画という印象です。とはいえ難解さはなく観てて笑えるシーンもあるので、みんな楽しく観られるんじゃないかなあ。

ちなみに自分が観た日は、この映画のタイトルのもとにもなった和歌を書いた俵万智氏と監督・前原コンビがZoomでオンライントークする日だった。そのとき思ったのは、素の前原瑞樹本人に愛嬌があるというか、なんかいろいろズボラそうだしやっぱりダメそうなんだけど愛されキャラっぽいなあということ。自分にはない素質だからちょっとうらやましい。

最後に脈絡なくタイトルのアボカドの話するけど、あれって買ってきてから固いとマジで腹が立つんだよな。自分は「死ね!!!」って叫びながらアボカド全力投球したことがある。壁に向かって(気持ちが落ち着いてからレンジで温めておいしくいただきました)。

今日もぜんぜんうまく感想書けなかったな。まあ『TENET』もいいけどこういう映画も観たらいいと思うよ。『TENET』いい席のチケット取れないんだよ。


映画『アボカドの固さ』予告編