性格が悪い

何かを書いたような気になっているが何も書いていないブログ

男ですみません──『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んで

チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んだ。

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

どのような本なのか?ということはすでにいろいろなところで説明されているので、ここでは詳しく触れないが、読んでいてつらくなってくる物語である。

何がつらいのか一言で表現するとしたら「男ですみません」ということになるだろうか。

僕はこのお話に出てくる大半の男、例えばキム・ジヨンの父親とか、彼女の最初の恋人とか、女子トイレを盗撮するやつらとか、母親になった彼女がカフェでコーヒーを飲んで休んでいるのを見て「ママ虫(マムチュン)」(韓国におけるネットスラングで「育児をろくにせず遊び回る害虫のような母親」という意味らしい)なんて言葉を吐くサラリーマンほどのひどい人間ではないはずだ。

はず、なのだが、実際にはどうだろうかと思う。チョ・ナムジュと同い年の僕はこれまで「女は男に劣る存在である」と思ったことはないものの、どこかで女性に対しての歪んだ価値観は持っていた気がするし(いわば「女はこういうものだ」的な決めつけ)、実は自分が気付いていないだけで、かなりひどいことをしてきたのではないか。

『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んでいて気付かされるのは、そういった、自分の中でひっそりと着実にこびりついていった罪の意識である。僕は自分の父親の「女が調子に乗ると世の中はろくなことにならない」という発言に辟易したし、ネットにあふれる女性蔑視にも本当にうんざりしているけど、自分が完全に潔白な存在であるとは言い難い。父親であるにせよ世間であるにせよ、それらが持つ女性への歪んだ見方が自分の中でしっかり内面化されていることに気付かされる、そんな本を読んでいて心地いいわけがない。

キム・ジヨンの夫であるチョン・デヒョンについて、訳者の斎藤真理子氏は「妻を一生けんめい理解し、味方になろうとしているのだが」と評しているが、本当にそうだろうか、と僕は思ってしまう。きっとデヒョンは悪い人ではないのだけど、彼もまた僕のように、それまでに染み付いた価値観があまりにも自分の奥深くに根を張っていることに気付いていないのではないだろうか。では僕やデヒョンは“許される”べきか。

この本を読んでいて本当に居心地が悪くなるのは、前述したあからさまに下劣な男たちではない。彼らは映画で言うなら、とてもわかりやすいヴィランである。自分とは違う世界にいる連中だと唾棄できる。でも『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んでいて、もっとも厄介な暗い影として浮かび上がってくるのは、自分自身だ。

もちろん世のほとんどのまともな男性は「俺はそんなことないぜ」と思うことだろう。だからこの記事のタイトルの「男ですみません」はいくらなんでも主語(厳密には主語じゃないか)がでかいのではないか、とツッコまれること必至なのであるが、とにかく読んでいてつらく、同時に面白い本なのである。

というわけで、ある種のマゾ的快楽を感じられる読書体験を得られるこの本を、ぜひ世の男たちにも読んでもらいたい。懺悔とかそういう意味ではなく、この本を女性ばかりが読むのはいろんな意味でもったいないと思う。

ちなみに映画でデヒョンを演じるのは『トガニ 幼き瞳の告発』『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユである。彼があの、悪い人じゃないんだけどちょっともどかしくもあるデヒョンをどのように演じるのか、今から楽しみだ。