性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『愛しのアイリーン』について

新井英樹による原作を、映画を観終わってから読み始めたところです。個人的にはこういう絵柄は苦手なんですよね。僕は絵柄によってマンガの好みを左右されがちなんです。基本的に、女の人をかわいく描けない(もしくは描かない)マンガ家は好みじゃない。そのわりに宮下あきらの『魁!!男塾』はぼちぼち読んでたけど。というかあのマンガはそもそも女の人が全然出てこなかったような気もするな…。

しかしマンガ好きの間では新井英樹ってほぼ伝説化している人で、気にはなっていたんです。この『愛しのアイリーン』は映画化されるまで全然知らなかったんですけど、監督が吉田恵輔と聞いて興味が湧きました。

愛しのアイリーン[新装版] 上

愛しのアイリーン[新装版] 上

 
愛しのアイリーン[新装版] 下

愛しのアイリーン[新装版] 下

 

ド変態な天才・吉田恵輔

吉田恵輔はもともと塚本晋也の作品に照明スタッフとして参加したりしつつ、2006年に『なま夏』で監督デビューした人。僕は未見なんですが、蒼井そらが出てます。

なま夏 [DVD]

なま夏 [DVD]

 

自分が初めて観た吉田監督の映画は、宮迫博之仲里依紗が父娘役で共演した『純喫茶磯辺』。この映画にはヒロインとして麻生久美子が出てるんですけど、彼女が「私、ヤリマンなんです」と言うシーンがあって、これが強烈だったんですね。今思うと、そこそこゆる〜い雰囲気のドラマが進行する中でこういった際どいセリフやシーンでドキッとさせる作風はすでに確立されていたんだなと。「私、ヤリマンなんです」って、浮かびそうで浮かばないセリフですよ。

純喫茶磯辺 [DVD]

純喫茶磯辺 [DVD]

 

そのあと観たのが確か『さんかく』。小野恵令奈の健康的なエロスをスケベオヤジ丸出しの感覚で撮りながら、田畑智子の怪演を存分に引き出す演出テクニック。全体的にはコメディでありながらどこかホラー色もあって、この監督は只者じゃないなと認識するに至りました。 

さんかく

さんかく

 

そのあとに少しさかのぼって観たのが初期作品の『机のなかみ』なんですけど、これがまたド変態丸出しの映画で。よくこんなこと考えるな、というか、考えたうえにそれをシーンとして実現できるな…脚本見せたときに白い目で見られる(主に女性)こととか気にしないんだな…鉄のハートだな…と思ったものです。

机のなかみ [DVD]

机のなかみ [DVD]

 

その後の『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『麦子さんと』はどうもこの監督の毒気が抜けてしまった気がしてもう一つと思っていたんですが(『銀の匙』は未見)、森田剛を主演に迎えた『ヒメアノ~ル』はすごかったですね。エロとユーモアを残しながらも、強烈なホラー演出が全開。『さんかく』で垣間見せた(もしかして『なま夏』でもかな?)狂気が大爆発した怪作になっていながら、少しせつない余韻も残る傑作になっていました。

ヒメアノ~ル 豪華版 [Blu-ray]

ヒメアノ~ル 豪華版 [Blu-ray]

 

ただ、その次の『犬猿』はもうひとつで。中盤まではよかったんですけど、後半の展開がちょっとぬるいなと感じたんです。たぶん吉田監督って変態で鬼畜でもあるけど、優しいところもあるんですよね。そこをよしとするか否かは人にもよると思いますけど。

犬猿 [Blu-ray]

犬猿 [Blu-ray]

 

で、今回の『愛しのアイリーン』なんですが、雑に説明するとストーリーはこんな感じです。

地方に住む40過ぎのモテない男・岩男がフィリピンで花嫁を“買って”地元に戻ってきたところ、過干渉な母親から猛反対を受け、妻のアイリーンにも愛されずに苦しむ。

ビジュアルの再現度などどうでもよくなる絶妙なキャスティング

原作の岩男はとんでもない大男なんですけど、演じるのは安田顕。母親のツルも原作では強烈なビジュアルですが、映画では木野花が演じています。アイリーンはオーディションで選ばれたナッツ・シトイというフィリピン人女優なんです。

はっきりいって安田顕木野花も原作の登場人物にはまるで似ていないんですけど、映画を観るとすんなり腑に落ちる。原作の岩男とツルというのはマンガ的にカリカチュアされた結果ああいうビジュアルになっているだけで、安田顕木野花も、それぞれの演じるキャラクターの持つ怪物性や悲しさを演技でもって120%表現できているように思えました。

安田顕という人はなかなか端正な顔をしているのにどこか変態で危ない匂いもあるんですよね。『俳優・亀岡拓次』でもそうでしたけど、モテないはずはないんだけどモテない役をやっても無理がない、という絶妙な人なんです。しかも彼が演じることで、岩男の怪物性は良い意味で少し中和されている。「お゛ま゛ん゛ごーーー!!!」と岩男が絶叫するシーンが出てくるんですけど、マンガと比べると映画でのこのシーンは、安田顕が演じていることもあってかコミカルさが強調されていて、笑ってしまいました。

ツルを演じた木野花の怪演もすごかったです。いろんな映画で顔は見ているものの、なんとなくこんな顔で…というぐらいの認識だった人が恐ろしいババア演技を見せたときのインパクトたるやすさまじい。これぞ「ナメてた相手が殺人マシーンでした」的展開で、この映画を観た観客の頭にはおそらく木野花という名前が深く刻み込まれることでしょう。

そしてナッツ・シトイなんですが、この人をオーディションで見つけた時点でほぼこの映画は成功していたといえるのではないでしょうか。彼女が一番原作に近い容姿をしているし、天真爛漫かつしたたか、というアイリーンのキャラクターにも見事に合致しています。実際の性格は知らないけど。決して美人ではないし、体型も幼児的。でも、もし彼女ではなくて、岩男たちが行くスナックで働くフィリピン人ホステス役のディオンヌ・モンサントがアイリーンを演じていたら、それは100%間違いです。ナッツ・シトイが絶妙すぎるんですよ、はっきり言って。あっ、かわいいかな?んー、そうでもないかな…。あれ、やっぱりかわいい?んん?みたいな。ほんと、こんな人よく見つかりましたよ。劇中で岩男が苦労してアイリーンを見出したように、吉田監督たちもフィリピンでナッツ・シトイを見出したっていうことが面白いですね。

桜まゆみとは何者か

この3人がそろったことでほぼ映画は成功に導かれたも同然だと思うんですけど、僕が気になったのは、ツルが無理やり岩男と結婚させようとする琴美役の女優ですね。桜まゆみさんという方なんですけど、この人もまた絶妙なんですよ。すごい美人というわけじゃないんだけど、なんかこう翳りのあるエロさっていうんですかね、そういうものがすごく漂っていて。熟れてるわけじゃないが青いわけでもないっていう。彼女がパンツを見せるシーンがあるんですけど、このパンツの形とか色がまた絶妙。このくだりを読んだ女性読者が何人か二度と当ブログを訪れなくなることが予想されますが、ここに触れないわけにはいかない。吉田監督の「わかってる感」はすごいですね。なんていうんだろう、同じようなAVを観続けて「はいはい知ってた知ってた」と思っていたところに、特に奇を衒っているわけでもないのにやけにエロい動画に出くわすっていうのがあるじゃないですか、あれに近い不意打ち感(ここまでで女性読者が8人ぐらい減ったと予想)。しかも終盤にも、彼女が登場するとんでもないシーンがあるんですよ。悲しさと怖さとエロさとおかしみが一気に襲ってくるような場面が。映画でモザイク見るのなんて初めてかも。ぼかしは見たことあったけど。

結果的にメインの3人より脇の桜まゆみに一番長く言及しているという体たらくですが、これはまあ単純な性癖みたいなものなのであまり気にしないでください。でも公式サイト、彼女の名前はちゃんと載せるべきじゃないですか? ちょっと扱い軽すぎやしません?

母親という名の妖怪、決して対岸の火事ではない岩男の地獄

岩男、42歳。妻も恋人もおらず、AVで自慰にふける毎日。おそらく彼はツルが自分の自慰を盗み見ていることには感づいているでしょう。しかしもう、そんなことはどうだっていいというぐらいに彼の心は壊れてしまっている。本当は実家を出て都会にでも行けばいいところなんですけど、そういう発想はない模様。過干渉な母親を疎ましく思っているようでいて、結局は自立できない彼の悲しい境遇が見えてきます。

僕の母親はここまで過干渉ではないですけど、男ならたまに感じることがあるんじゃないでしょうか。オカンにどうしても勝てないと思う一瞬があることを。うちの母親なんか活字を読んだ瞬間5秒で睡魔に襲われる特異体質の人間ですし、「『恋空』観た?感動して泣いちゃった」とメールしてくるような女ですし、もし同級生なら「なんだこいつ」な案件なんですけど、時折不気味な勘のようなものを働かせるんですよね。『僕だけがいない街』で、妙に洞察力の高い母親を主人公が妖怪呼ばわりする場面が出てきますけど、あれよくわかります。母→娘でもそうなのかもしれないけど、本当に気味が悪いぐらい勘がいい。まあ自分の体から出てきた存在なんですからね、そりゃあそれぐらいのことはわかっても不思議ではないのかもしれない。母親とはまったくもって不気味な存在で、この作品のツルには母親という得体の知れない存在への畏怖と崇拝が込められているのかもしれません。

まあでもね、岩男は対岸の火事じゃありませんよね。僕も来月で40歳になるし、さすがに親とは暮らしていないですけど岩男を笑えるような充実した人生は送っていません。さすがにフィリピンに嫁を買いに行こうとまでは思わないし、道端で「お゛ま゛ん゛ごーーー!!!」と叫ぶこともありませんが、心の中では叫んでいる気もします。心が叫びたがってるんだ。人はお゛ま゛ん゛ごがら゛生ま゛れ゛、男はお゛ま゛ん゛ごを゛夢見る。この記事を出した結果、100人いる読者が87人ぐらいに減っているような気がしますが。

吉田恵輔にロマンポルノを撮らせるべき

さて、原作のほうはまだ読んでいる途中なんですが、映画を最後まで観ると、このお話の主人公は結局誰だったのかな?といい意味で少し考えてしまいます。ちょっと『犬猿』の終盤みたいに感傷的な方向に流れそうになるんだけど、今回はギリ踏みとどまっている感じ。奇妙礼太郎が歌うエンディングテーマが切なく響く中、やっぱり吉田恵輔は変態だな、普通ハ◯潮とかいちいち映画で描く?これ原作にあるの?と反芻しながら。ちょっと前ににっかつロマンポルノのリブート企画がありましたけど、なぜ吉田恵輔にオファーがいかなかったんですかね。またリブートするなら、絶対彼にオファーをかけるべきだと思いますよ。