ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『ジョン・ウィック:チャプター2』を観た

johnwick.jp

※ネタバレあり

 はい、『ジョン・ウィック:チャプター2』ですね。前作はBlu-rayで観たんですが、今回は映画館で。

 前作では飼い犬を殺されたことをきっかけにブチ切れ、ロシアン・マフィアをほぼ皆殺しにしてたジョン・ウィックですが、今回は自宅をイタリアン・マフィアに破壊されてブチ切れます。第3作ではヤクザを相手にしたりしたら面白いけど、まあ日本はなんせロケ撮影の許可がおりない国だから普通に中国マフィアとかになるのかな…というか今作の終わり方を見る限り、次は全世界の殺し屋が敵になりそうですけどね。

 冒頭からつかみはOKとばかりにジョン・ウィックのド派手なシーンが連発します。ジョン・ウィック怒らせるとやばいぜとわからせるためのシーン。というかね、前作もそうだった気がするけどジョン・ウィック固すぎ。普通死ぬだろ、というような目にさんざん遭いますがターミネーター並みの屈強さで立ち上がります。でもまあこういう映画はそういうもんだと思って見るべき。チャック・ノリスの映画に「リアリティが…」とか言ってケチつけてもしょうがないのと同じです。

 今回いいなと思ったのは、ジョンを狙う2人の刺客。コモン演じるカシアンとルビー・ローズ演じるアレスですね。特に地下鉄でのジョンVSカシアン戦とかもういい意味で「バカみたい」と思いながら観てましたよ。それから『燃えよドラゴン』オマージュっぽい、ジョンVSルビー戦。カシアンもアレスも明確な死亡描写がないので、第3作に登場してジョンと共闘するとかそういう展開もあるような気がします。それにしてもラッパーってなんで俳優と兼業の人が多いんだろ。アイス・キューブしかりT.I.しかり50セントしかり。

 『チャプター2』で大きな話題(に配給会社がしたがっているように見える)になっているのは、『マトリックス』シリーズでキアヌ・リーヴスと共演したローレンス・フィッシュバーンの出演でしょうね。でもね、正直あのくだり必要かなあ…と思いました。前作が101分だったのに対して今回は122なんですけど、この手の映画はやっぱ90〜100分ぐらいでちょうどいい。ローレンス・フィッシュバーン何してたんだっけ?て感じですもん。中だるみパートでした、個人的には。

 ただ、ジョンと相撲取り(?)の死闘シーンとかは面白かったし(つーか笑うとこ)、やっぱり第3作もなんだかんだで観てしまうシリーズではあると思います。すでにスピンオフのドラマの企画も進んでるようだし、『イコライザー』とかと並んで第5作ぐらいまでは作られそうですね。で、途中から監督が代わってグダグダになっていくみたいなよくあるパターン。