ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『ナイスガイズ!』を観た

niceguys-movie.com

 監督は『リーサル・ウェポン』の脚本を手がけたり、実は『プレデター』でプレデターに腎臓ぶっこ抜かれて殺されるメガネの役を演じていたりするシェーン・ブラックです。ちなみにこの人はオリジナル版『プレデター』の続編(いや、『プレデター2』てのがあるんだけどあれとはまた別の続編らしい。ややこしい)の監督も務めています。2018年公開なので、まだまだ観れませんが…。それにしても『プレデター』のときは細身のイケメン風なのに、今は恰幅がよくなっちゃいましたね。あと彼は『アイアンマン3』の監督でもあります。

 主演はラッセル・クロウライアン・ゴズリング。それにしてもラッセル・クロウ、太りましたね。役作り?かと思いましたけどあんなに腹が出てる必要はないだろうっていう。パンチは重そうだけど動きがにぶそうで、こんなんで悪党は倒せんだろうと思ってしまいました。

 ライアン・ゴズリングは『ドライヴ』とは全然違うモードで、とにかくどんくさくて情けない私立探偵役。これまでで一番かっこ悪い役ですが、やるときはやるキャラクターです。予告編にも出てくる、ビビって顔をぷるぷる震わせるシーンとかを見るとコメディの才能も結構ありそうだなと思ってしまいました。

 ストーリーは、ラッセル・クロウ演じるヒーリーとライアン・ゴズリング扮するマーチが、マーチの娘ホリーとともにある女の子を探すうちに巨大な陰謀に巻き込まれて…というまあよくあるパターン。ホリーが年頃の娘のわりには情けない親父に甘いところがあって、もっと反発しそうなもんだなあとは思いましたが、この映画は全体的に良くも悪くもゆる〜い感じなんでまあ細かいことは気にしないほうがいい。

 最近、80sテイストを含んだ映画がなんとなく増えてきてるなあと思ってましたが(『ドライヴ』しかり『イット・フォローズ』しかり『ザ・ゲスト』しかり)、『ナイスガイズ!』は70年代アクションへのオマージュっぽい。ブラックミュージックがふんだんに使われていて、映像の色調も少し乾いてます。ただ、当時を生きた人からしたら「なんだか懐かしい〜」と思うものでも、今の若い人がどう見るのかということは気になりますね。僕にしても、自分が生まれる1年前という設定の話だし。

 80sテイストの作品にしても70年代?のロックが流れる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』なんかについてもそうだけど、「当時青春を過ごしていた人からしたらたまらん」という要素を含んだ映画って客観的に観ると「おっさんおばはんのノスタルジーをくすぐることでポイントを稼いでいる」ようにも思えて、ちょっと複雑な気持ちになります。ただし若い人からするとそれが新鮮に見えることもあるようだし、ドラマ『ストレンジャー・シングス』の監督なんて自分たちがまだ生まれていなかった時代を背景にして作品を作ってますしね。今更ですが、いつのまにか映画もサンプリングの時代になったんだなと改めて思います。

 で『ナイスガイズ!』の話に戻りますが、テンポがいいのでまあ退屈はしません。排ガス規制とポルノ映画という2つの要素の結びつきとかがちょっとわかりにくい感じがしたのは僕がバカだからでしょう。ただ、マーチがある死体を見つけるくだりとかあまりにも都合のいい展開だし、ヒーリーは殺人でつかまるだろ、とか思うんですけど、「まあそこを突っ込むのも野暮か」と思えるような絶妙なゆるさがある。ビールとハンバーガー片手に観たい映画でした。僕は朝イチの回で観ちゃったけど…。

 それにしてもライアン・ゴズリングってよく声が裏返る(裏返してるんだろうけど)人ですよね。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』でも『オンリー・ゴッド』でも声が裏返ってた。

The Nice Guys (OST)

The Nice Guys (OST)