読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『ぼくのおじさん』を観た

日本映画

 山下敦弘監督の最新作です。山下監督といえばここのところあまり好きな作品がなくて、『オーバー・フェンス』の時にも『ぼくのおじさん』には期待したいと書いたんですが。

 残念ながら今回もあまり楽しめず……というか途中で話がどうでもよくなってきて、眠くなっちゃいました。あるいは、この映画についてはそれでもいいのかもしれないけど。子役の大西利空はとてもいいし松田龍平のボンクラおじさんぶりも山下監督作の主人公ぽくていいんですけどねえ。

 一番なんだかなあと思ったのは、笑わせたいところでことごとくすべっていることで、山下監督独特の気まずいおかしみみたいなものもなく、なんだか時代錯誤のコメディを観てるような気分になりました。それこそ狙いなんだと言われてしまうとそれまでなんですが。

 何が問題なのかなあと思った時に、やっぱり考えてしまうのは脚本なのかなあと。春山ユキオでシナリオを手掛けた須藤泰司って、『探偵はBARにいる』の人なんですよね。あれ、つまんなかったもんなあ……(あくまで個人的には)。

 今回、登場人物の古臭い台詞回しを特に現代の言葉遣いに直さなかったことはまあいいとしても、やっぱり笑いのセンスが古いんですよ。といっても、お客さんのほとんどを占めてた年配の方たち(おそらく原作者・北杜夫の読者なのだと思う)も笑ってませんでしたけどね、全然。あれ?ということはもしかしたらこの映画の笑いは新しいのかな。

  まあこんなことを言ってもしょうがないんですけど、やっぱり山下監督には向井康介さんと組んでほしいなあと。この話、山本浩司さん主演で向井さんが脚本だったら絶対おもしろいと思うんですけどね。もしくは、最近あまり目立った活動をしてない渡辺あやさん(『天然コケッコー』)と組むとか。

 それにしてもエリー(真木よう子)が農園継ぐとか継がねーとか超どうでもよかったなあ。あとこの問題の顛末もなんだか微妙じゃないですか。なんだこの女、とか思っちゃったんですけど。

 ドラマの『山田孝之東京都北区赤羽』は面白かったし、やっぱり組む人によると思うんですよねー山下監督……。映画では『超能力研究部の3人』以来微妙な作品が続いているけど、次撮ったらやっぱりまた観に行きますよ。