読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『淵に立つ』を観た

f:id:q050351:20151011174434j:plain

fuchi-movie.com

 『歓待』『ほとりの朔子』の深田晃司監督の最新作です。今年のカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で審査員賞を受賞しました。ちなみに同部門で特別賞を受賞したのは『レッドタートル ある島の物語』です。

 今回のお話、小さな町工場を営む家族のもとに1人の男がやってきたことが物語の発端になるという意味では、『歓待』と似ています。というか、そもそも『淵に立つ』のストーリー自体はずっと以前にできていて、紆余曲折の末に『歓待』のような形になったのだそうです。

 『歓待』はどちらかというとコメディ寄りの作品でしたが、『淵に立つ』は終始暗いお話です。古舘寛治が演じている鈴岡利雄と、その妻・章江、それから2人の娘である蛍の3人家族のもとに、浅野忠信が演じる八坂という男がやってくるところから映画は始まります。

 この八坂の登場シーンなんですが、利雄がふと気づくと立ってるというこのくだり、僕は黒沢清の『岸辺の旅』を思い出さずにはいられませんでした。終盤のあるシーンでの登場の仕方もそうですが、この映画での浅野忠信は常に「実在感のない実在感(すごい矛盾)」という不思議な存在感をもってカメラの前に現れます。フレームの中に映っているのに映っていないような、そしてあるときは逆に、映っていないのに映っているような、とても奇妙な佇まいです。こんな役は浅野忠信にしかできないのではないでしょうか。

 そして、だからこそ八坂が語気を荒らげるシーンの怖さが際立ちます。予告編にもちょろっと出てきますが、この場面の浅野忠信の台詞回しの恐ろしさ。そしてそれを受ける津田寛治の演技の絶妙さ。このシーンと、中盤で起こるある悲劇での八坂だけが、「生きている人間」に見えるのがとても皮肉です。

 最初は怪しんでいた八坂を次第に受け入れ、そして男として意識し始める章江を演じた筒井真理子の演技も見事でした。この方、不勉強で僕は全然知らなかったのですが、役作りのために太ったこととかよりも何よりも、八坂に初めてキスされるシーンで少女のような恥じらう顔を見せるところがすごいなと思っちゃいましたね。正直興奮してしまいましたよ、ええ。

 実は事前に小説版を読んでいたのですが、ラストが映画とは異なります。僕は小説版も悪くないと思いますが、どちらかというと映画版のほうが好きかもしれません。中盤に登場する家族の写真と似たショットが出てくるという、いかにも映画的な手法がいいなと思ったこともありますが、やはり利雄への“罰”のようなものがより明確に見えたからかもしれません。映画版の利雄は、小説版よりもさらにゲスい男に見えます。古舘寛治の演じ方によるところが大きいと思いますが、章江に対して「これは罰なんだ」(うろ覚え)と言うシーンの「なんだこいつ」感。終始、周囲の出来事を他人事みたいに見てるあの感じ。だからこそあのラストでは「自分が失ってきたものにようやく気付かされたのかな」と思わされました。

 それにしても、『ほとりの朔子』でも出てきた川というモチーフが、今回はものすごく暗い形で登場しますね。海辺のシーンも出てくるし、深田監督は“水際”というものに何か執着があるのかなと感じます。

 偶然にもこの後観たのが西川美和監督の『永い言い訳』で、ある家族に他者が入り込むという構図そのものはよく似ているのですが、トーンは正反対だったのが面白かったです。ただ、僕は『淵に立つ』に対しては家族ものというよりも“贖罪の物語”という印象を受けたのですが。

 深田監督の次作はインドネシアを舞台にした青春物だそうです。とても期待している監督なので、これからもどんどんがんばってほしいのですがお客さんはあまり入っていないようで……『永い言い訳』はけっこう埋まってたんですけどね。もうちょっとこういう作家が売れてくれないものかな、ほんと。

 ところでこの映画、アスペクト比がなんか独特だなと思ってたらヨーロピアン・ビスタなんですね。どうしてこのアスペクト比を採用したのだろう……と気になります。

 

淵に立つ

淵に立つ

 

 

歓待 [DVD]

歓待 [DVD]

 

 

 

岸辺の旅 [Blu-ray]
 

 

notesleftbehind.hatenadiary.com