読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『日本で一番悪い奴ら』を観た

日本映画

f:id:q050351:20160709195140j:plain

www.nichiwaru.com

 『凶悪』の白石和彌監督の作品です。『凶悪』は確かに面白かったけど、評判を先に聞きすぎててそこまで打ちのめされなかったですね。まあそれなりに面白かったけども…。

凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]

凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

 逆に、この『日本で一番悪い奴ら』は前評判がイマイチだったので案外楽しめました。

 原作はこの映画で綾野剛が演じている悪徳警官のモデルになった人の本らしいです。これは読んでません。

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)

 

 映画を観てるとまあ悪い悪い、警察ってここまで腐ってるの?と思う方も多いでしょうけど、僕個人としてはもともと「まあ警察なんてこんなもんだろ」と思っていたのでそれほどびっくりはしませんでした。職質を受けたこともないし留置されたこともないけど、たまに遭遇する警察官の態度から「まあ警察なんてこんなもんだろ」としか思えなくなっていたのは確かです。だってあの人たち、チンピラとかヤクザと大差ないんだもん……。

 僕は悪名高き兵庫県警で原付きの免許を取ったんですけど、すごかったですよ。その受験のときの警官の態度とか。俺があんたに何をしたの?ってぐらい態度が悪いんですよ。今はどうなのか知りませんけど。もちろん警官みんながそんなふうだとは思っていませんが、僕の中では警察が清廉潔白だなんて感覚は微塵もありません。だからこの映画の中で出てくるヨゴレっぷりにも大してショックは受けない。

 やっぱりいちばんの見所は綾野剛じゃないでしょうか。別にものすごく好きな俳優というわけではないのですが、少なくとも俳優としての強い意識・責任感のようなものはひしひしと伝わってくる。特に最近はただのクールなかっこいい男じゃなくて三枚目っぽいポジションもこなすし、この『日本で一番悪い奴ら』での彼なんて、ある意味「史上最高にかっこわるい綾野剛」ですよ。

 でも、時折演技が過剰になりすぎるもののこの映画での綾野剛はすごく光ってる。まさしく水を得た魚のように汚れ役を引き受け暴れ回る。2時間超、のたうち回る綾野剛を観るための映画といっても過言ではないでしょう。つまりこれは良くも悪くも綾野剛のプロモーションビデオです。それから、こういう汚れ役で離れていくファンがいるかどうかのリトマス紙のような役目もあるかも。

 というわけで、俺は綾野剛だけを観ていたいわけじゃないんだよという人からするとただ無駄に長い映画、ということになってしまうかもしれません。僕も、綾野剛がすごい顔してたなってことしか覚えてないもんな。でもたまにはそういう映画があってもいいんじゃないかな。だって『蘇る金狼』とかも大藪春彦の原作がどうとかストーリーがどうとか最早どうでもよくて、松田優作の印象しかほとんど残らないでしょ。綾野剛松田優作に匹敵する俳優かどうかはともかくとして。

蘇える金狼  ブルーレイ [Blu-ray]

蘇える金狼 ブルーレイ [Blu-ray]