読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『海よりもまだ深く』を観た

日本映画

f:id:q050351:20160709161522j:plain

gaga.ne.jp

 大好きな是枝監督なので期待して観たのですが、ちょっと期待しすぎたようです。お話的にはちょっと『歩いても 歩いても』(個人的には是枝監督の最高傑作だと思う)に似てるんですが、そのぶん比較してしまって……あの背筋の凍るような緊張感を期待してしまうと肩透かしをくらうでしょう。

 撮影時期は『海街diary』よりも前だったそうで、作品の作りは全体的に小品ぽいです。フィルム(もしかして16mm?)っぽくて、団地の狭い空間の切り取り方とかは新鮮でしたけどね。全然お話の内容は違いますが川島雄三の『しとやかな獣』の団地描写を思い出しました。

 是枝監督は少し前からセリフに「アレ」という言葉を使うようになっているのですが、今作はちょっと多用し過ぎでくどく感じました。あとこれはほかの人が言っていたのですが、「なんか決め台詞みたいなのが多い」と。樹木希林の「幸せってのはね…」みたいなのもそうです。自然な会話を演出できるはずの是枝監督らしくないなあと感じてしまったのですが、このへんは本人のもともとのルーツである山田太一とか向田邦子の作風からの影響があまり良くない形で出てきてしまっているのではないかと…。

 ただ、「『海街diary』よりもずっといい」という人もTwitterなどで見かけましたし、決してうんこ映画というわけではないので一見の価値はありです。というか僕は是枝さんのファンだから観に行ってあげて! もちろん次の是枝作品にも期待しています。