ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『64-ロクヨン-前編』を観た

f:id:q050351:20160709163922j:plain

64-movie.jp

「映画史に残る」とまでは思えないものの、結構面白かったです。

 ただし僕は事前に原作を読んでいたのでなんとか話についていけたけど、刑事部と警務部の違いとか、キャリアとノンキャリアとか、そもそも警察庁と警視庁の区別すらついてない人(自分も最近までそうだった)にはかなり難しく感じるんじゃないでしょうか。

 佐藤浩市演じる主人公が「公妨でパクるぞ!」と叫ぶシーンがあるんですけど、「こうぼうでぱくるぞ」なんて言われてもなんのこっちゃって感じですよね。「工房でパクるぞ」とか「公道でハメるぞ」と聞き間違えてもおかしくないじゃないですか。これ、原作読んでたら「公妨でパクるぞ」と書いてあるから「公務執行妨害でパクるぞ」かとわかるんですけどね。

 あととにかく登場人物が叫びまくるとか窪田正孝のヒゲメイクがコントみたいだとかまあ色々あるんですけど、原作をちゃんと丹念に映像化しようとしている姿勢はちゃんと見えるのでお話には引き込まれる。できたら原作を読んでから観ることをオススメします。前後編にしていることで一部で非難もされてますけど、原作があれだけ長大なのでこれについては仕方ないかな、と。それに、前編の終わり方が「後編ではどうなるんだろう」とちゃんと思わせてくれる作りになっているのでいいんじゃないかと思います。『進撃の巨人』とは違うのだよ『進撃の巨人』とは。

 あとドラマ『最高の離婚』の綾野剛瑛太が共演してるのもちょっと見どころですね。全然違いますけどね役柄。

 ただ、予告編はなんかだせえなあ。なんでなんだろうなあ。