ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

第93回「鎌倉とトンビと伯父」

f:id:q050351:20150517215436j:plain

 鎌倉に行ってきました。海沿いをずーーーーーっとほっつき歩いていたのだけど、今日も富士山は見えず特に美味しい景色も無かったので、ずーーーーーっとトンビを撮ってました。トンビは「トビ」の方が正式名称のようですが、僕はンがつく方が好きです。別に○(問1. 左の○を1字で埋めなさい)ンコが好きってわけじゃないですよ。

 トンビといえば『海街diary』(原作の方)で出てきます。僕はあれを読んでトンビの恐ろしさを知りました。彼奴らは常に海沿いの上空をふらふらと飛んでいるのですが、マヌケな人間どもの隙を突いておもむろに急降下し、食べ物をかっさらっていくのです。本当に彼奴らは襲ってきます。今日も4回ぐらい人が襲われるのを見ました。

 しかしそんなトンビは、トリだけに撮りがいがあります。めちゃくちゃ速く移動するわけではないので、割りとシャッターチャンスは多い。といっておいてなんですが、ばっちり!という1枚は撮れませんでした。

 ふらふら道路を歩いていたら、郵便局員の格好をしたおじさんが急に僕の横で止まったので、「え、道聞かれるの? てか郵便局員が道聞くってどうなの?」と思っていたら、北鎌倉に住む伯父でした。このあたりで配達をしていると聞いていたので、もしかしたら…とは思っていたけど本当に会うとは。しかし、せっかくポストマンの格好をしている伯父に会えたのに写真を撮らなかったのは失態でした。何のための5D Mark IIIとiPhone 6 Plusだよ。どっちもでけーんだよ。とくにiPhoneの方はジーンズのポケットに入れるとイヤフォンのジャックが微妙に曲がってすぐ断線しそうだよ!

 最近思ったんだけど、僕は明確な撮影対象が無いとあまり写真が撮れないタイプのようです。街を歩いてスナップとかは向いてないです。何を撮ったらいいのかわからない。やっぱり人かトンビですね。この2択です。

海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)

海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)

 

福山雅治…ではなく長渕剛…でもなくとんびが登場する3巻。