読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

第92回「『サボタージュ』を観た」

f:id:q050351:20150517015341j:plain
Sabotage/アメリカ/109分

監督:デヴィッド・エアー
脚本:スキップ・ウッズデヴィッド・エアー
撮影:ブルース・マクリーリー
編集:ドディ・ドーン
音楽:デヴィッド・サーディ
出演:アーノルド・シュワルツェネッガーサム・ワーシントンオリヴィア・ウィリアムズテレンス・ハワード、ミレイユ・イーノス

DEA(アメリカ麻薬取締局)のジョン・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、“破壊者”の異名で恐れられる伝説の捜査官。そんな彼が率いる特殊部隊は、副リーダー格のモンスター(サム・ワーシントン)はじめ恐れ知らずのタフな部下8人で構成された最強チーム。彼らが次に狙うのは、要塞と化した麻薬カルテルのアジト。その計画には摘発という表の目的に加え、そこに眠る2億ドルの闇資金から1000万ドルの大金をネコババしてチーム内で山分けするという裏の目的もあった。こうして襲撃作戦は決行され、仲間の一人を失う犠牲を出したものの概ね予定通りに完了する。ところが隠したはずの1000万ドルが忽然と消えてしまい、おまけに不正を疑われたジョンは閑職へと追いやられてしまう。半年後、ようやくジョンがチームに復帰するが、時を同じくして、メンバーを標的とした連続猟奇殺人事件が発生、一人また一人と不可解な死を遂げていく。アトランタ市警のキャロライン刑事(オリヴィア・ウィリアムズ)と協力して事件の真相解明に乗り出すジョンだったが…。(allcinemaより)

 Blu-rayにて鑑賞。

 このところ意欲的に映画出演が続いているシュワちゃん。今回は『フューリー』のデヴィッド・エアー監督と組んでます。そういや最近『フューリー』観直したけど、やっぱつまんなかったなぁ…。

 デヴィッド・エアーって、本筋とは関係ないどうでもいい会話をちょこちょこ入れる人なんです。今回の『サボタージュ』だと、チ○コがでかかったかどうだったかとか、そういう話です。どうでもいい(しかも下ネタ)話を入れる人といえばタランティーノなわけですが、デヴィッド・エアーのそれは大して面白くないんですよね。もういいから話進めろやって思っちゃうんですよ。

 あと、主人公たちが基本的にみんなゲスいってのも特徴かもしれません。LAをパトロールする警官であれナチと戦う米軍兵であれ麻薬捜査官であれとにかくみんなゲスい。「これがアメリカの男じゃ!」っていわんばかりのマッチョな奴ら。本宮ひろ志的な男っぽさではなくて、ステーキとポテトしか食わない的なバカっぽさ男っぽさです。

 そのせいか、個人的に「なんなのこいつら、全然好きになれないんだけど」って奴ばっかり出てきます。『サボタージュ』のDEAだって、どう見たってチンピラですよ。いや、ただのアホだ! もうホントイライラするわ、こういうマッチョな奴ら…俺のルサンチマンをどこまで刺激すんねん。リジー(ミレイユ・イーノス)はブスだしよお。

 なので、「はよ死んだらええのにこいつら」って思いながら観てました。シュワちゃんはいいんですよ。歳取ったなあとは思うけど、やっぱり小学生の時から彼の作品を観てきたから、かっこいいなあって思いながら観てました。正直、「こいつ、こんな歳で現場にいんのかよ」とは思いましたけどね。『フューリー』のブラピもそうでしたし。

 で、僕の思惑通り(?)シュワちゃんの部下たちは次々に死んでいくわけですが、最初に死んだやつ(マックス・マーティーニ)をずっとポール・ウォーカーと勘違いしてて、「えっすげえちょい役なんだけど」と思ってたら、人違いでした。でもサム・ワーシントンテレンス・ハワードがあんな脇役ってのは贅沢ですね。2人とも最近微妙な立ち位置だからこんな役なんでしょうか。リジーはブスだし。

 映画の本筋に全然触れてませんが、もうストーリーとかどうでもいいです。どうもデヴィッド・エアーって毎回ストーリーが雑な気が…今回だって、シュワちゃんじゃなかったらあんな主人公絶対ナシですよ。「何だこいつ」って思いましたよ。シュワちゃんだから「今日はこのぐらいにしといたるわ」って許せるんですよ。リジーはブスだし。

 それでも最後まで観られるのはやっぱりシュワちゃんがかっこいいからなんですよ。最後のシーンなんて、昔の彼には出せない渋さに満ちててちょっと感動しちゃいました。言い過ぎかもしれないけど、イーストウッドみたいな風格すら漂ってきてる気がします。アメリカではどうも人気を取り戻せないようですけど、まだまだ頑張ってほしい。

 というわけで、シュワちゃんがかっこいい、というそれだけで色んなことがチャラになってる映画です。リジーはブスですけど。

 それにしてもメキシコの麻薬カルテルこええ。もうなんていうか、映画に出てくるだけで自分も命を狙われてるような気すらしてきます。

サボタージュ [Blu-ray]

サボタージュ [Blu-ray]