読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

第47回「『エヴァの告白』を観た」

f:id:q050351:20141221215758j:plain
原題 こっち見んなThe Immigrant

監督:ジェームズ・グレイ
脚本:ジェームズ・グレイ、リック・メネロ
出演:マリオン・コティヤールホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナー ほか

1921年、エヴァマリオン・コティヤール)と妹マグダは戦争の影響で情勢が不安定な祖国ポーランドを離れ、ニューヨークに到着する。だが、入国審査で医師に肺病と診断されたマグダは隔離され、二人は離れ離れに。入国を拒否されたエヴァは、ブルーノ(ホアキン・フェニックス)という見知らぬ男性のおかげで強制送還を免れる。

※ネタバレあります。

 DVDで鑑賞。

 ジェームズ・グレイ監督の作品はこれが初めてだったんですけど、結構面白かったです。シンプルで眠気が襲ってきてもおかしくない地味な話なんだけど、時間の経つのが早く感じました。もしかしたら俺の部屋だけ重力が弱くなっていたのかもしれません。…すみません、相対性理論についてわかってないのに適当なこと言いました。

 本題。主人公のエヴァはブルーノのおかげで強制送還を免れるのですが、ホアキン・フェニックスが演じてるだけあって勿論ただの聖☆おじさんではありません。売春を斡旋するおっさんでした。しかも、他の売春婦の「彼って時々キレる」という言葉通り、優しくしていたかと思うと急に激おこで吠えたりします。正直俺もビクッてしちゃいました。

 エヴァは「ハメられた…」と思うも、結局ブルーノの働く劇場で塩対応な踊り子デビューを果たし、客として来ていたおっさんの息子の筆おろしまでさせられ、違う意味でもハメられてしまいます。そしてニューヨークの叔母の家を頼るのですが、体を売っていたことが発覚していて、「おめえに食わせるタンメンはねえ」といわんばかりの勢いで叔父に追い出されてしまったあげく、結局ブルーノの下に戻ります。

 エヴァはジェレミー・レナーが演じるエミールというマジシャンとほんのり良い雰囲気になるのですが、エミールといとこ同士であるブルーノがこの関係に気づいて烈火のごとく怒ります。どうもブルーノはエヴァに惚れているようです。でもエヴァをハメ、客にハメさせても、自分はハメないんですね。このあたりがブルーノのキャラクターの複雑なところです。

 ブルーノは昔彼女をエミールにとられたことがあり、根に持っています。しかも劇場でエミールが客ともめ、ショーをぶち壊したということでますます激怒。水を得た魚のごとく、「いよっ待ってました!」と声がかかりそうなホアキンの十八番キレ演技が炸裂します。

 そして、全米ツアー行ってくるわとか言ってたくせにすぐ戻ってきてエヴァとクレイジー・ランデブーしようとしたエミールと、帰ってきたブルーノが対峙することになります。

 欧米の作品ではよくあることですが、この作品にもキリスト教のモチーフが色々と含まれているようです。そういう意味では『プリズナーズ』も同じなんですが、あっちは色々とミステリー要素を足した結果なんだかめんどくさい映画になってたのに対して、こちらは良い意味でシンプルかつ奥深い仕上がりになっていると思いました。

 エヴァ聖母マリアに祈りを捧げ、自らの罪を告解します。ここでの罪というのは、勿論体を売ったことや盗みを働いたことです。彼女は「私は地獄に堕ちる運命なのです」と話します。

 しかし彼女自身は、自分をハメたブルーノを物語の終盤にて許します。ブルーノはエヴァの前で自分の罪を告白します。この映画の邦題は『エヴァの告白』で、勿論これは告解での罪の告白を指しているのでしょうが、実は「ブルーノの告白」でもあるんですね。そして、自分自身は許しを得られないと思っているエヴァですが、ブルーノには許しを与えるのです。彼女自身が聖母のような存在になっているわけです。

 そして二人は別れ、それぞれの道を歩み始めます。この場面は極めて象徴的なショットで撮影されています(『セブン』や『愛、アムール』のダリウス・コンジが担当)。

 本当はキリスト教の知識があればもっと正確で細かい分析もできるんでしょうけど、筆者はこの程度の適当でいいかげんな解釈にとどまりました。全然違うよ!と言われたら別に反論しません。あとマリオン・コティヤール勝間和代に似てないよ!と言われたら「最近勝間和代の顔なんて見てもいないし画像検索する気にもならないから、似てないと言うのなら似てないということでいい」と答えます。

 監督の意識にあったのかどうかはわかりませんが、ちょっと『天井桟敷の人々』を想起したのは俺だけでしょうか。話がっていうより、あの舞台の感じとか白塗りの顔の奴とか。でもよく考えたら『天井桟敷の人々』の中身殆ど覚えてないわ俺。まあ『天井桟敷の人々』って言ってみたかっただけやからね。これしかし。

エヴァの告白 [Blu-ray]

エヴァの告白 [Blu-ray]

 
愛、アムール [DVD]

愛、アムール [DVD]

 
天井桟敷の人々 HDニューマスター版 [DVD]

天井桟敷の人々 HDニューマスター版 [DVD]