読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

第11回「ある美人について」

 とあるきっかけで知り合った女の子と話していて。彼女はスペイン人と日本人のハーフの女の子で、なかなかの美人である。好みのタイプではないが、「抱いて」と言われれば抱ける。

 しかしこの女の子、俺が何か言うと「ウケるー」を連発。

俺「昨日さ、初めてスポーツジムに行って」
美「へ〜」
俺「朝起きたら超筋肉痛で。肩がハンバーグみたいだよ」
美「ウケるー」
俺「○○さんは運動とかはどう?」
美「私ダメなんですー超運動音痴でー」
俺「どんくさそうだもんね」
美「ひどーいウケるー」
俺「文化部にも入らず帰宅部だったんでしょ」
美「なんでわかったんですかーウケるー」
俺「俺も高校の時は帰宅部
美「ウケるー」
俺「えっ今笑うとこあった?」
美「えーそれウケるー」
(以下略)

 それまで「ウケるー」って言われたことがなかったからとても嬉しかった・・・というのは真っ赤なウソで、なぜか微妙にバカにされているような気分になった。

 後日電話で友人にその話をしたら、「それ、バカにされているような気がしたんじゃなくて本当にバカにされてたんだよ」と言われて、納得がいったのでその夜はぐっすりと眠った。

 その後、ひょんなことから、ある映画のチケットを1枚入手した。その映画の主役の俳優を例の美人の女の子が好きだと言っていたのを思い出したので、「あげるよ」と連絡した。

 勘違いされないようにかなり警戒した。チケットは1枚だけで、別に「一緒に観よう」と言っているわけではないので、そこのあたりを勘違いされないように細心の注意を払った。具体的には何もしなかったが。

 美人の女の子は「えーいいんですかーありがとうございますーウケるー」と返信してきた。俺は「じゃあ○○さんの都合のいい時に渡すよ」と返した。

 別に俺はお前を映画に誘ってあれやこれやしたいわけじゃないんだ、ということをわからせるために「郵便で送ってもいいよ」と付け足そうかと迷ったが、やめておいた。「住所教えて」なんて言ったらストーキングを目的にしていると思われかねない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それから2ヵ月。返信は未だ無い。

 

 

 ウケるー。

 

くそみそテクニック ドアプレート 阿部さん

くそみそテクニック ドアプレート 阿部さん