読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

第8回「需要と供給について」

 他所様のブログを見てたら広告スペースに

やったら出来たバック転
バック転やってみたら私も出来ました 会社帰りにバック転でストレス発散

とかいうのがあって、リンク先に飛んでみたら「アクション&アクロバットスタジオ」のサイトに飛んだのだが、特に興味もないのでそっとファイヤーフォックスのタブを閉じた。

 この人(ってどの人なんだよ)は学生時代あたりにバック転ができなくて凄く悔しくて、その想いは会社員になっても消えなかったということだろうか。正直、会社でのストレスをわざわざバック転で発散しなくてもと思うんだけど。世の中には色んなニーズがあるんだな。

 ニーズといえば、最近うちの最寄駅にマッサージ店(エロいのじゃないやつ)がやたら増えたのも謎だ。世の人々が疲弊しているのはわかるが、一つの商店街にマッサージ店が4つも5つもあってどうする。

 中でも、一番最近オープンしたマッサージ店は店舗がもともと老舗の寿司屋だったので、ますます微妙な気持ちになってしまう。もしいかがわしい方のマッサージ店だったら。

 客が店に入る。「らっしゃい!」と威勢のいい声があがる。このマッサージ店の店員は皆ねじり鉢巻だ。
「何にしやしょう?」
「そうだな・・・いなりを」
「へい、いなりで。おい梅の字、2番のご新規さんにいなり頼んだぜ!」
「あいよ!」
奥から出てきた筋骨隆々のあんちゃんが客のキ○タマをおもむろに握り、「こってますねえお客さん」「まあな」…などという最低な下ネタも浮かぼうというものではないか。俺だけなのか? 今気づいたけど、なんで男にキ○タマ握られてんだろ。何がこんな文章を俺に書かせてるんだろ。

 全然関係ないけど、今見てるTVに出てる榮倉奈々が「私も『ナノニ』いいですか?」と言っているのを「私も『オ○ニー』いいですか?」と空耳してしまった。

 いいですよ。どうぞ。

ど根性ガエル DVD BOX 1

ど根性ガエル DVD BOX 1