性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

日本映画

『若おかみは小学生!』について

www.waka-okami.jp 全然ノーマークだったんですよ、この映画。存在自体は知っていたんですけど、「文部科学省認定」とか「少年向き」「家庭向き」とあって、絵もかわいらしいし自分がわざわざ観るもんじゃないなと。 なんですが、Twitterで「面白いのにあん…

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』について

sunny-movie.jp 僕は今39歳なので、この映画はわりとど真ん中な世代なんです。知っての通り、この映画は韓国映画の名作『サニー 永遠の仲間たち』の日本版リメイクなんですね。 サニー 永遠の仲間たち (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video こ…

『検察側の罪人』について

kensatsugawa-movie.jp 木村拓哉と二宮和也の共演作つーことで話題にはなっていたんですが、どうにも僕、原田眞人監督の映画は苦手です。といっても、調べてみたら『クライマーズ・ハイ』と『駆込み女と駆出し男』ぐらいしか観てなかった。まあ2本しか観てな…

『愛しのアイリーン』について

新井英樹による原作を、映画を観終わってから読み始めたところです。個人的にはこういう絵柄は苦手なんですよね。僕は絵柄によってマンガの好みを左右されがちなんです。基本的に、女の人をかわいく描けない(もしくは描かない)マンガ家は好みじゃない。そ…

樹木希林について

樹木希林について、実はそれほどのことは知らない。彼女を「名優」として本格的に意識した最初の作品は、長嶋有の小説が原作の映画『サイドカーに犬』だ。 サイドカーに犬 [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2007/12/21 メディア: DVD 購入: …

『響 -HIBIKI-』について

www.hibiki-the-movie.jp いやー、正直全然期待はしてなかったんですけど、わからないものですね。『響 -HIBIKI-』、ハッキリ言ってめちゃ面白かったです。 原作は柳本光晴という方の『響〜小説家になる方法〜』というマンガなんですけど、この作品自体は気…

『寝ても覚めても』について

netemosametemo.jp 待ちに待った『寝ても覚めても』を観てきました。 ざっくり言うと、これは傑作です。今年の日本映画の中でも3本の指に入ることは間違いない映画。もちろん自分的に、だけど。 原作は柴崎友香の小説で、柴崎さんといえば、僕がこれまで観た…

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を観た

warnerbros.co.jp ※ネタバレあり 実写映画化が発表されたときは誰もが「本当にやるのかよ」と驚愕したであろう『ジョジョ』。 自分はがっつりジョジョ世代(今回の映画のもとになった第4部は中学生〜高校生ぐらいのときに連載されていた)なんですけど、漫画…

2016年映画ベストテン!+2017年に公開される期待の映画

今年も明日で終わり、ということで2016年ベストテンです。 とりあえず過去のベストテン↓ notesleftbehind.hatenadiary.com notesleftbehind.hatenadiary.com 2014年は46本、2015年は47本観たわけですが、今年2016年の鑑賞本数は65本でした。20本ほど増えたも…

『14の夜』を観た

14-noyoru.com 『百円の恋』の脚本家・足立紳が監督した青春映画です。 『百円の恋』は最近Netflixで鑑賞しましたが、巷で評価されている通り確かにいい映画だなと思いました。全体のうち70%ぐらいは安藤サクラの力な気もしましたが。 で今回の『14の夜』で…

『この世界の片隅に』を観た

konosekai.jp 公開初日に109シネマズ川崎で観たのですが、10:05〜の回であるにもかかわらずほぼ満席でした。ぱっと見、年齢層は50代以上の人が多かったと思います。それにしても土曜日朝の回にこれほど人が入るとは、ちょっとした驚きです。上映終了後にはさ…

『ミュージアム』を観た

wwws.warnerbros.co.jp ※ネタバレあり 巴亮介のマンガが原作のサイコスリラーです。僕は映画の予告編を観てからマンガを買って読んでみました。 映画もマンガもなんだか既視感がある感じだなあと思っていて、やっぱり『セブン』を連想しちゃうんですよね。で…

『ぼくのおじさん』を観た

山下敦弘監督の最新作です。山下監督といえばここのところあまり好きな作品がなくて、『オーバー・フェンス』の時にも『ぼくのおじさん』には期待したいと書いたんですが。 残念ながら今回もあまり楽しめず……というか途中で話がどうでもよくなってきて、眠く…

『永い言い訳』を観た

nagai-iiwake.com 『淵に立つ』を観たあと、近くの映画館でたまたまかかっていたので観てきました。奇しくも「ある家族に1人の部外者が加わる」という筋は同じ。でもこの『永い言い訳』は『淵に立つ』よりも温かい話になっています。 本木雅弘が演じる主人公…

『淵に立つ』を観た

fuchi-movie.com 『歓待』『ほとりの朔子』の深田晃司監督の最新作です。今年のカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で審査員賞を受賞しました。ちなみに同部門で特別賞を受賞したのは『レッドタートル ある島の物語』です。 今回のお話、小さな町工場を営む…

『何者』を観た

nanimono-movie.com 『桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウの直木賞受賞作品の映画化ですね。 監督は、だいぶ前に書いたのにこの糞ブログの「よく読まれてる記事ランキング」のずっとトップを走ってる『愛の渦』の三浦大輔監督です。 お約束ですが、三浦大…

『SCOOP!』を観た

scoop-movie.jp ※ネタバレあり はい、大根仁監督の最新作です。福山雅治がやさぐれた中年パパラッチを演じるということで、とても気になってました。 大根監督の映画って、「まあ退屈はしないけど……」「こういうところはうまいんだけど……」と、褒めつつも「…

『怒り』を観た

www.ikari-movie.com キャストが豪華なわりにあまり客が入っていないという噂の『怒り』です。一番怒りを感じているのは東宝なんじゃないかっていう。知らんけど。 吉田修一原作、李相日監督で、これは妻夫木聡と深津絵里が共演した『悪人』以来の組み合わせ…

『レッドタートル ある島の物語』を観た

red-turtle.jp 「客が全然入ってない」と噂の『レッドタートル』、観てきました。 スタジオジブリ作品ということで売ってますが、監督は外国人のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットだし、ジブリとフランスの映画会社ワイルドバンチが共同で製作しています。…

『聲の形』を観た

koenokatachi-movie.com 楽しみにしていた『聲の形』。原作も好きだし、アニメ映画版を『たまこラブストーリー』の山田尚子さんが手がけると聞いたときはとても嬉しかったです。 早速感想です。 やはり2時間であのストーリーをまとめるのは難しかった アニメ…

『オーバー・フェンス』を観た

overfence-movie.jp ※ネタバレあり。 はい、とても好きな山下敦弘監督の最新作です。とはいえ、前作『味園ユニバース』が個人的には「……」な出来だったので、今回はちょっと不安でした。 『味園ユニバース』の感想はこちら↓ notesleftbehind.hatenadiary.com…

『君の名は。』を観た

www.kiminona.com ※ネタバレあり 内容が内容だし夏休みってことで、中学生?とか高校生が多かったです。カップルは意外と少なくて、いかにもボンクラな感じの男の子が3〜4人組で観に来てたり。 新海誠監督の作品は有名な『秒速5センチメートル』と『言の葉の…

『シン・ゴジラ』を観た

shin-godzilla.jp 庵野秀明が総監督・脚本ということで「おいおい大丈夫かよ…」と危惧し(その理由は説明すると長くなりそうなので書きません)、予告編で見た石原さとみのキャラの安っぽさに「もうダメだ」と思い(ま、結果これは本編観ても変わらなかった…

『日本で一番悪い奴ら』を観た

www.nichiwaru.com 『凶悪』の白石和彌監督の作品です。『凶悪』は確かに面白かったけど、評判を先に聞きすぎててそこまで打ちのめされなかったですね。まあそれなりに面白かったけども…。 凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(S…

『64-ロクヨン-後編』を観た

64-movie.jp 前編の感想はこちら。 notesleftbehind.hatenadiary.com ※ネタバレあり。 この後編、原作とラストが違います。原作では基本的に主人公の三上がウケミンなのですが、映画では最後に彼が動くんですよね。このあたり、展開に無理があるという声もあ…

『ディストラクション・ベイビーズ』を観た

distraction-babies.com ようやく観ました。周囲の評判が良かったのでずっと気になっていたし、ももクロが出演していた真利子哲也監督の『NINIFUNI』も好きな作品だったんですよ。 NINIFUNI [DVD] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2012/12/21 …

『ライク・サムワン・イン・ラブ』

natalie.mu ちょっとびっくりしました。キアロスタミの作品は『桜桃の味』と『ライク・サムワン・イン・ラブ』しか観ていないのだけど、どちらも味わい深い映画だったので、気になる監督ではあったのです。 『桜桃の味』はだいぶ前(VHSだったかも)にレンタ…

『ふきげんな過去』を観た

fukigen.jp 正直、よくわかりませんでした。不愉快とまではいかなくとも「なんだかよくわかんねーなあ」「かといってこの先どうなるかとかあんま興味ねえなあ」とぼーっと観てたらいつの間にか終わってた感じです。 あんまり演劇を知らないのでかなり知った…

『クリーピー 偽りの隣人』を観た

creepy.asmik-ace.co.jp ※ネタバレあり 原作小説は読んでないんですが、黒沢清監督作品らしいなんとも奇妙な映画でした。 シネフィルとして知られる黒沢監督ですが、この人は映画を理屈で作ってるようでいて作っていない気がするし、かといって本当に何も考…

『FAKE』を観た

映画『FAKE』公式サイト|監督:森達也/出演:佐村河内守 森達也さんについては本を何冊か読んだし、確かソフト化はされてませんが東日本大震災のドキュメンタリー『311』も観に行きました。 今ドキュメンタリー作品で気になる人と言ったら、個人的にはこの…