読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは性格が悪い

バカのくせに映画の感想とか書くブログ

『ラ・ラ・ランド』を観た

gaga.ne.jp ※ちょいネタバレあり(結末までは書いてません)。 皆さんお待ちかねの『ラ・ラ・ランド』でございます。 アカデミー賞でも大本命と言われており、アメリカでも大ヒットしているミュージカル。監督は『セッション』の新鋭デイミアン・チャゼルで…

『ナイスガイズ!』を観た

niceguys-movie.com 監督は『リーサル・ウェポン』の脚本を手がけたり、実は『プレデター』でプレデターに腎臓ぶっこ抜かれて殺されるメガネの役を演じていたりするシェーン・ブラックです。ちなみにこの人はオリジナル版『プレデター』の続編(いや、『プレ…

『グリーンルーム』を観た

www.transformer.co.jp notesleftbehind.hatenadiary.com ↑の記事でも触れている『グリーンルーム』を観に行ってきました。昨日夕方にNetflixで同じ監督の前作『ブルー・リベンジ』を観て「こりゃ面白い!」と思い急遽シネマカリテに行くことにしたんですよ…

『ドクター・ストレンジ』を観た

marvel.disney.co.jp Blu-rayとかでいいかなと思ってたんですが、知人が「IMAX 3Dでこそ観る価値のある映画」だと言っていたので109シネマズ川崎で鑑賞してきました。 よく考えたら、ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチとモルド(ストレンジの兄弟…

『沈黙‐サイレンス‐』を観た

chinmoku.jp 17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教(信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラ(リーアム・ニーソン)を追い、弟子のロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドラ…

『ネオン・デーモン』を観た

gaga.ne.jp 誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへと やって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえるジェシーに、激しい嫉妬を抱くライバルたち。ジェシーに仕事…

2016年映画ベストテン!+2017年に公開される期待の映画

今年も明日で終わり、ということで2016年ベストテンです。 とりあえず過去のベストテン↓ notesleftbehind.hatenadiary.com notesleftbehind.hatenadiary.com 2014年は46本、2015年は47本観たわけですが、今年2016年の鑑賞本数は65本でした。20本ほど増えたも…

『ドント・ブリーズ』を観た

www.dont-breathe.jp 親と決別し、街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に大金を隠し持つと噂される盲目の老人宅に強盗に入る。だが彼は、目は見えないが、どんな“音”も聞き逃さない超人的な聴覚をもつ老人──…

『14の夜』を観た

14-noyoru.com 『百円の恋』の脚本家・足立紳が監督した青春映画です。 『百円の恋』は最近Netflixで鑑賞しましたが、巷で評価されている通り確かにいい映画だなと思いました。全体のうち70%ぐらいは安藤サクラの力な気もしましたが。 で今回の『14の夜』で…

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を観た

eyesky.jp ※ネタバレなし TOHOシネマズシャンテで先行上映されているので観てきました。 Rotten Tomatoesで現在95%と高スコアを維持しているこの作品の中心にあるのは、1人の少女を救って数十人を危険にさらすか、数十人を救うために1人の少女を犠牲にする…

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た

starwars.disney.co.jp ※ネタバレあり。 特に思い入れのない『スター・ウォーズ』シリーズですが、スピンオフである最新作『ローグ・ワン』を観てきました。 やはり特に思い入れを持たず観た『フォースの覚醒』については↓を。 notesleftbehind.hatenadiary.…

『ブルーに生まれついて』を観た

映画『ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE』オフィシャルサイト 以前から楽しみにしていた映画です。どういう作品なのかというと、ジャズ・ミュージシャンのチェット・ベイカーを描いた物語ですね。 僕は正直にいってジャズにはそれほど明るくないんです…

『この世界の片隅に』を観た

konosekai.jp 公開初日に109シネマズ川崎で観たのですが、10:05〜の回であるにもかかわらずほぼ満席でした。ぱっと見、年齢層は50代以上の人が多かったと思います。それにしても土曜日朝の回にこれほど人が入るとは、ちょっとした驚きです。上映終了後にはさ…

『ミュージアム』を観た

wwws.warnerbros.co.jp ※ネタバレあり 巴亮介のマンガが原作のサイコスリラーです。僕は映画の予告編を観てからマンガを買って読んでみました。 映画もマンガもなんだか既視感がある感じだなあと思っていて、やっぱり『セブン』を連想しちゃうんですよね。で…

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』を観た

みんな大好きトム・クルーズの新作です。ちなみに僕はトム・クルーズって一時期苦手だったんですが、最近はなんだか“一周回って”好きになってきました。まあトムからすると「知らんがな」って話なんでしょうがね。 今作は2013年に公開された『アウトロー』の…

『ぼくのおじさん』を観た

山下敦弘監督の最新作です。山下監督といえばここのところあまり好きな作品がなくて、『オーバー・フェンス』の時にも『ぼくのおじさん』には期待したいと書いたんですが。 残念ながら今回もあまり楽しめず……というか途中で話がどうでもよくなってきて、眠く…

『手紙は憶えている』を観た

remember.asmik-ace.co.jp TOHOシネマズ シャンテで鑑賞。監督はアトム・エゴヤンですが、彼の映画を観るのは恥ずかしながら初めてです。 どういうお話かというと、自分の嫁が一週間前に死んだことすらすぐに忘れてしまうボケ気味のじいさんが、名前を変えて…

『永い言い訳』を観た

nagai-iiwake.com 『淵に立つ』を観たあと、近くの映画館でたまたまかかっていたので観てきました。奇しくも「ある家族に1人の部外者が加わる」という筋は同じ。でもこの『永い言い訳』は『淵に立つ』よりも温かい話になっています。 本木雅弘が演じる主人公…

『淵に立つ』を観た

fuchi-movie.com 『歓待』『ほとりの朔子』の深田晃司監督の最新作です。今年のカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で審査員賞を受賞しました。ちなみに同部門で特別賞を受賞したのは『レッドタートル ある島の物語』です。 今回のお話、小さな町工場を営む…

『何者』を観た

nanimono-movie.com 『桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウの直木賞受賞作品の映画化ですね。 監督は、だいぶ前に書いたのにこの糞ブログの「よく読まれてる記事ランキング」のずっとトップを走ってる『愛の渦』の三浦大輔監督です。 お約束ですが、三浦大…

『ジェイソン・ボーン』を観た

bourne.jp ※ネタバレあり はい、楽しみにしていた『ボーン』シリーズ最新作です。 記憶を無くしたCIAの“人間兵器”ジェイソン・ボーンが、自身の過去を取り戻していくまでを描くこのシリーズ。前作『ボーン・アルティメイタム』で完結したと思ってたんですが…

『SCOOP!』を観た

scoop-movie.jp ※ネタバレあり はい、大根仁監督の最新作です。福山雅治がやさぐれた中年パパラッチを演じるということで、とても気になってました。 大根監督の映画って、「まあ退屈はしないけど……」「こういうところはうまいんだけど……」と、褒めつつも「…

『ハドソン川の奇跡』を観た

wwws.warnerbros.co.jp はい、『アメリカン・スナイパー』以来のクリント・イーストウッド監督作です。 今回も実話をベースにしたお話で、2009年に起きたアメリカの旅客機のハドソン川不時着水事故が題材です。トム・ハンクスとイーストウッドが組むというこ…

『怒り』を観た

www.ikari-movie.com キャストが豪華なわりにあまり客が入っていないという噂の『怒り』です。一番怒りを感じているのは東宝なんじゃないかっていう。知らんけど。 吉田修一原作、李相日監督で、これは妻夫木聡と深津絵里が共演した『悪人』以来の組み合わせ…

『レッドタートル ある島の物語』を観た

red-turtle.jp 「客が全然入ってない」と噂の『レッドタートル』、観てきました。 スタジオジブリ作品ということで売ってますが、監督は外国人のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットだし、ジブリとフランスの映画会社ワイルドバンチが共同で製作しています。…

『聲の形』を観た

koenokatachi-movie.com 楽しみにしていた『聲の形』。原作も好きだし、アニメ映画版を『たまこラブストーリー』の山田尚子さんが手がけると聞いたときはとても嬉しかったです。 早速感想です。 やはり2時間であのストーリーをまとめるのは難しかった アニメ…

『オーバー・フェンス』を観た

overfence-movie.jp ※ネタバレあり。 はい、とても好きな山下敦弘監督の最新作です。とはいえ、前作『味園ユニバース』が個人的には「……」な出来だったので、今回はちょっと不安でした。 『味園ユニバース』の感想はこちら↓ notesleftbehind.hatenadiary.com…

『スーサイド・スクワッド』を観た

wwws.warnerbros.co.jp 一足先に公開されたアメリカでは評判が悪く、個人的に過大評価されてると思う監督デヴィッド・エアーが手がけてることからまったく期待せずに観に行きました。 プレミアイベントか何かのときに監督が「Fuck Marvel!」って言って物議を…

『君の名は。』を観た

www.kiminona.com ※ネタバレあり 内容が内容だし夏休みってことで、中学生?とか高校生が多かったです。カップルは意外と少なくて、いかにもボンクラな感じの男の子が3〜4人組で観に来てたり。 新海誠監督の作品は有名な『秒速5センチメートル』と『言の葉の…

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を観た

trumbo-movie.jp ダルトン・トランボのことはなんとなく知ってました。ハリウッドでの赤狩りで業界を追われ、別名で『ローマの休日』のシナリオを書きアカデミー脚本賞を取った人、『ジョニーは戦場へ行った』の監督…。まあそこそこ映画が好きなら普通に知っ…

『シン・ゴジラ』を観た

shin-godzilla.jp 庵野秀明が総監督・脚本ということで「おいおい大丈夫かよ…」と危惧し(その理由は説明すると長くなりそうなので書きません)、予告編で見た石原さとみのキャラの安っぽさに「もうダメだ」と思い(ま、結果これは本編観ても変わらなかった…

『ロブスター』を観た

www.finefilms.co.jp 阿佐ヶ谷の小さいけど素敵な映画館、ユジク阿佐ヶ谷で鑑賞してきました。ここは見逃した映画をよくかけてくれるので、自分の家からは少し遠いのですが重宝しています。「重宝しています」って、まだ2度しか行ってないけど。それはともか…

あんたの子供が可愛いのはよくわかった

昨日から帰省しているのだけど、熱を出してどこにも行けず薬を飲んで家でゴロゴロしている。 本当はMacで『ロブスター』の感想とか今年の上半期映画ベスト10など書きたいのだが、気力がない。このエントリーも寝転びながらiPhoneで書いている。 そんなわけで…

『さざなみ』を観た

映画『さざなみ』 公式サイト ※少々ネタバレあり。 僕の中で「怖いおばさん」女優2大巨頭というのがあって、1人はイザベル・ユペール、もう1人はこのシャーロット・ランプリングなのです。 シャーロットの出ている映画をそんなに数多く観ているわけではない…

『日本で一番悪い奴ら』を観た

www.nichiwaru.com 『凶悪』の白石和彌監督の作品です。『凶悪』は確かに面白かったけど、評判を先に聞きすぎててそこまで打ちのめされなかったですね。まあそれなりに面白かったけども…。 凶悪 スペシャル・プライス [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(S…

『帰ってきたヒトラー』を観た

gaga.ne.jp 原作を読んでから観に行きました。基本的にナチズムとかヒトラーに興味があるんですよね。といってもその思想に共感するわけではありませんが。 帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫) 作者: ティムール・ヴェルメシュ 出版社/メーカー: 河出…

『64-ロクヨン-後編』を観た

64-movie.jp 前編の感想はこちら。 notesleftbehind.hatenadiary.com ※ネタバレあり。 この後編、原作とラストが違います。原作では基本的に主人公の三上がウケミンなのですが、映画では最後に彼が動くんですよね。このあたり、展開に無理があるという声もあ…

『裸足の季節』を観た

www.bitters.co.jp 『ヴァージン・スーサイズ』みたいな映画とは言われてますが、この映画の5人姉妹はもっと深刻な状況に置かれてますね。『ヴァージン・スーサイズ』は姉妹が死に向かって突き進んでいく話ですが、『裸足の季節』にはもっと前向きな視点があ…

『ディストラクション・ベイビーズ』を観た

distraction-babies.com ようやく観ました。周囲の評判が良かったのでずっと気になっていたし、ももクロが出演していた真利子哲也監督の『NINIFUNI』も好きな作品だったんですよ。 NINIFUNI [DVD] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2012/12/21 …

『シング・ストリート 未来へのうた』を観た

gaga.ne.jp ※若干ネタバレあり。 なんとなく敬遠してきたジョン・カーニーですが、食わず嫌いし続けるのもどうかと思い観てみました。この作品を観る前に『ONCE ダブリンの街角で』を鑑賞していたのですが、まあいろんな意味で「こんなもんだろうな」という…

『ライク・サムワン・イン・ラブ』

natalie.mu ちょっとびっくりしました。キアロスタミの作品は『桜桃の味』と『ライク・サムワン・イン・ラブ』しか観ていないのだけど、どちらも味わい深い映画だったので、気になる監督ではあったのです。 『桜桃の味』はだいぶ前(VHSだったかも)にレンタ…

『ふきげんな過去』を観た

fukigen.jp 正直、よくわかりませんでした。不愉快とまではいかなくとも「なんだかよくわかんねーなあ」「かといってこの先どうなるかとかあんま興味ねえなあ」とぼーっと観てたらいつの間にか終わってた感じです。 あんまり演劇を知らないのでかなり知った…

『レジェンド 狂気の美学』を観た

www.legend-movie.net トム・ハーディが実在したイギリスのギャング・クレイ兄弟を1人2役で演じる作品です。クレイ兄弟の話はこれまでにも映画化されてたと思いますがめんどくさいんで調べません。 監督を務めたのは『L.A.コンフィデンシャル』の脚本でアカ…

『クリーピー 偽りの隣人』を観た

creepy.asmik-ace.co.jp ※ネタバレあり 原作小説は読んでないんですが、黒沢清監督作品らしいなんとも奇妙な映画でした。 シネフィルとして知られる黒沢監督ですが、この人は映画を理屈で作ってるようでいて作っていない気がするし、かといって本当に何も考…

『エクス・マキナ』を観た。クソジジイ死ね

www.exmachina-movie.jp 映画はとても面白かったのですが、実はあまりちゃんと感想を書けそうにありません。というのは、映画が始まってから終わるまでずっと、僕の右サイドにいたクソジジイとクソババアがくっちゃべっていたからです。 もう本当にびっくり…

『FAKE』を観た

映画『FAKE』公式サイト|監督:森達也/出演:佐村河内守 森達也さんについては本を何冊か読んだし、確かソフト化はされてませんが東日本大震災のドキュメンタリー『311』も観に行きました。 今ドキュメンタリー作品で気になる人と言ったら、個人的にはこの…

『デッドプール』を観た

www.foxmovies-jp.com それなりに期待して観た映画が「まあそれなり」だと何を書いていいかわからないんですよね。ということを以前に2度ほど書いたような気もするんですよね。 『デッドプール』は眠くなりこそしないものの超ハマる、というわけでもなく、自…

『ヒメアノ〜ル』を観た

www.himeanole-movie.com 森田剛の怪演×佐津川愛美のエロさ×吉田恵輔の変態性が見事に融合した大傑作です。 もともと吉田監督って『机のなかみ』とか『さんかく』あたりですでに不気味な演出をしてたんですよね。単なる陽性のコメディの人ではない。どこかに…

『海よりもまだ深く』を観た

gaga.ne.jp 大好きな是枝監督なので期待して観たのですが、ちょっと期待しすぎたようです。お話的にはちょっと『歩いても 歩いても』(個人的には是枝監督の最高傑作だと思う)に似てるんですが、そのぶん比較してしまって……あの背筋の凍るような緊張感を期…

『64-ロクヨン-前編』を観た

64-movie.jp 「映画史に残る」とまでは思えないものの、結構面白かったです。 ただし僕は事前に原作を読んでいたのでなんとか話についていけたけど、刑事部と警務部の違いとか、キャリアとノンキャリアとか、そもそも警察庁と警視庁の区別すらついてない人(…